kankou-index-champon.jpg (14597 バイト)

小浜ちゃんぽん
ちゃんぽんは明治30年代、長崎四海楼の店主陳平順氏が考案したものです。現在は、小浜温泉の飲食店にある郷土料理の一つです。

→リンク:小浜温泉観光協会



  
波の湯・茜 波の湯・茜
海に夕陽が沈む美しい光景を目の当たりにすることができる露天風呂。波の高い日は海水が入ってくることも。
 
 
小浜神社の天井絵
 
本殿の天井絵には一夜で金箔でもって描かれたという大蛇の絵がある。言い伝えによると、寛政の大地震(島原大変肥後迷惑と 言われた地震)の折り、小浜神社の大蛇が点に舞い上がり、村民に大津波が起こると言うことを告げ、普賢岳から流出する溶岩を身をもって防ぎ、村民の命を 救ったと言う。また、神社敷地内に江戸時代の大関「玉垣額ノ助」の碑がある。

斎藤茂吉の歌碑

役場庁舎に隣接する夕日の広場公園の入り口のところに斉藤茂吉の歌碑がある。茂吉は大正9年(1920)病気療養のため二度に渡り小浜を訪れる。その時に詠んだ歌の1つ。
「ここに来て落日を見るを常とせり 海の落日も忘れざるべし」

とけん山公園

kankou12.jpg (22447 バイト) 小浜の町を一望する小高い山の公園。ここから見る小浜の海は正に絶景。ぜひとも登ってくる価値ある。春は桜の名所として有名で家族連れで賑わうところである。生目八幡神社の名前の由来には平家の落人伝説がある。

ロサモタの足形

kankou16.jpg (18818 バイト) 小浜町は公認マラソンコースを有しているため各種のマラソン大会が開催されている。このレリーフは大会に参加した招待(有名)選手の足形を型取ったもの。あなたの足形と比べてみては。

小浜神社跡の階段

kankou17.jpg (20055 バイト) 現在の小浜神社に移す前までの小浜神社があったところ。当時の石垣や石段、鳥居のみが当時を忍ばせる。下から見上げると階段が圧巻。ちょっと息を弾ませて広場まで頑張ってみるとまた爽快。

小浜町歴史資料館

kankou18.jpg (21415 バイト) 2000年4月に開館した小浜歴史資料館は、築160年の本多湯太夫邸跡を貴重な歴史遺産として大切に保管し、小浜町の歴 史を築いた「本多湯太夫」の歴史や功績を紹介。また、小浜町の歴史、交通、特色などの情報を提供すると共に敷地内の源泉を利用した「さむらい小屋」(江戸 時代さむらいが入浴した岩風呂)の再現や「足湯」などの観光施設を設け誰もが浴衣姿で気軽に訪れるとこが出来る歴史資料館。

上の川湧水

kankou06.jpg (20094 バイト) 昔から、庄屋元前の湧水として、住民に親しまれ、寛永6年(1629年)のキリシタン殉教史の悲話にも出てくるほど古い歴史を持つ湧水である。こんこんと湧き続ける清らかな水を求めて、町内外から訪れる人が絶えません。

炭酸泉

kankou11.jpg (19937 バイト) 鉄分と炭酸分を多く含む通称炭酸泉と呼ばれる冷泉。昭和10年代の一時期温泉水として代用したり、沸かして炭酸湯として入浴していました。いわゆる「炭酸」といった感じではないが、独特の味わいのあるお湯なので試す価値があるかもしれません。

海上露天風呂 波の湯 茜

kankou23.jpg (20413 バイト) 海に夕陽が沈む美しい光景を目の当たりにすることができる露天風呂。波の高い日は海水が入ってくることも。

 

ホーム当館について交通アクセス観光情報ご利用案内宿泊予約お問い合わせ

©小浜温泉 旅館ゆのか All Right Reserved.